畳の研修(TTMin福岡)

20150117_172250.jpg  20150118_103158-150x150  20150118_125301-150x150
皆さま、遅ればせながらになりますが、 明けましておめでとうございます!! 本年も宜しくお願い致します。 今年も早、1月も半ば過ぎ。。(^_^;) 愚息達の成人式やら新年会やらとバタバタしてあっという間にって感じます❗(笑) そんなこんなで、 1月17.18日に畳の講習会に参加して来ました! この講習会はTTM(タタミ-テクニカル-マネジメント)主宰で全国から畳の最高技術を持った畳職人の集まりです! 今回は、お茵(神社仏閣等で使われる神前用の御座布団)の制作と縁無し畳(麻表-四方板入れ、七島表-框板入れ)制作の二本立ての内容でした!( ロ_ロ) 初日は、午後1時から主宰者で会長の浜田さんからお茵の説明を受け早速作業開始。 お茵専用布地の大和錦を裁断し、「鏡」と呼ばれる中央部の制作。白地の布地の下に綿を入れ張り合わせ。ここがお茵の大変微妙なところで何度も張り合わせて時間を掛けました。(張り合わせたところで綿がシャゲテしまい表面がシワになってしまいます…。) 大勢の手を掛け全体の8割のところでタイムアップ気付けば午後9時過ぎ。。 宿に入り午後10時半頃から名物の「夜学」。畳に関する話、最近の気になった話題等々を酒を酌み交わしながら夜中4時頃まで… (締めは当然、博多ラーメン。。(笑)) 皆さん、遅くまで語り合ったところでしたが7時半には元気に朝食を済ませ2日目の講習会へ。。 2日目の講師は浜田さんと東京は池上の名人Y木さん。 お二方共素晴らしい手捌きでみるみるうちに縁無し畳を縫い上げます。。 他人のお仕事は見ているだけでも飽きませんが見事な畳が完成。 普段は「機械縫い」がほとんどですが、 「手縫い」は、やはり素晴らしいです!! いい勉強をさせて頂きまた自分のスキルアップになりました!!
2015.01.26

pagetop